Louna coco Journal

非常に個人的な成長日記

0 notes

ある夕方、落ち葉を両手に抱えて戻って来ました。横で4歳のエノラちゃんが私があげたの、ハトのハネもあるよ!
今朝は託児所の前でマリルゥ位の女の子に会い同行するママンも知った風。
ルナは大きな女の子達のお気に入りさんでみんなお話ししてあげたりしてルナの世話をするんです。ねっ。と背の高いママンは言う。
「あの、バカンス中centre aérée に預けますか?」聞かれ「はい、毎日ではないけど。」と答えるとリジーよかったね!そしてコートと鞄をルナの横にかけて大喜び。
いつも今日は何して遊んだのと聞くと、遊んでない。服がサインペンだらけだろうが泥だらけだろうがヨーグルトがついてようが、学校では何もしてない。誰とも遊んでない。としか言ってくれないので何も知らん母ちゃんは、あらそうなんですか?ホウ〜ポカ〜ン。
なんだい、それならそうと言ってくれよ。

ある夕方、落ち葉を両手に抱えて戻って来ました。横で4歳のエノラちゃんが私があげたの、ハトのハネもあるよ!
今朝は託児所の前でマリルゥ位の女の子に会い同行するママンも知った風。
ルナは大きな女の子達のお気に入りさんでみんなお話ししてあげたりしてルナの世話をするんです。ねっ。と背の高いママンは言う。
「あの、バカンス中centre aérée に預けますか?」聞かれ「はい、毎日ではないけど。」と答えるとリジーよかったね!そしてコートと鞄をルナの横にかけて大喜び。
いつも今日は何して遊んだのと聞くと、遊んでない。服がサインペンだらけだろうが泥だらけだろうがヨーグルトがついてようが、学校では何もしてない。誰とも遊んでない。としか言ってくれないので何も知らん母ちゃんは、あらそうなんですか?ホウ〜ポカ〜ン。
なんだい、それならそうと言ってくれよ。

0 notes

お誕生日会の続きです。
頂いたワンピースは本人が紫色の方を選びました。
ワンピースに着替えてこちらのおじいちゃんおばあちゃんが褒め称えたら、気分を害してそれきりムッツリ。何が気に食わないのかサッパリ分からん!今年もリオネルがロウソクを吹く映像が3本目のお誕生日ビデオコレクションに入ったのでした。大きくなったらダイジェスト版で全部見せて是非本人の説明が聞きたいっすね。
気分を変えて日曜の夜ヌヌさんちにご披露に行って来ました。
実の祖母の様に随分と会いたがってたしこれでちょっと義務は果たした。

Filed under 誕生日 ワンピース 3歳

0 notes

3歳のケーキはこんなになりました。
偶然が偶然を呼び全然想像してなかった物が出来上がり。
ホントは真っ赤なバーバパパにしたかったのですが、pâte à sucreと言う粘土状のお砂糖をコネコネ、コネコネ、コネコネコネコネ、白に赤を混ぜたら普通ピンクだよな…と約30分後に気付いたのでした。
偶然2段にしてしまったスポンジの上に黙々と切り貼りしたら、継ぎ接ぎだらけのまあなんてかわいいケーキが!ティムバートンの映画に採用されそうだよ。
母ちゃんは個人的にはこのままの方が好きなので記念写真をパチパチ。

そしてデコレーションの段階では父ちゃんが加わり、口の部分が3の字になった!上だけバーバパパにしたかったのに。台を持って来て鑑賞してるココは喜んでて「ココちゃんの髪の毛グルグル〜」と調子に載ってどんどん酷い事に。ホットケーキかよ。

いやいや、ケーキ屋にならなくて良かった。

Filed under ケーキ 誕生日 3歳 ピンク ティム•バートンケーキ

0 notes

今日は3歳の誕生日。
郵便局に小包を取りに行ったら紀子さんからのお誕生日プレゼントでした。
日本の叔母ちゃんからだよ!と大喜びで走り回る姿。

0 notes

学校が始まったばかりの頃の写真をいただきました。今朝はgarderieに連れてったら男の子と「クク〜ルナ」とお互いに手を振りあってて、昨日は直接幼稚園に連れてったら女の子が「あルナだ」とやってきて頭なでなでしておりました。お友達が出来る過程を見るのはとても微笑ましいですね。
お友達と言えば、初めてお誕生日会の招待状をもらいました。
ココの誕生日とピッタリ重なってて無理なのですが、チョット興味津々な母ちゃん。
この位の年の子が招待されたら具体的にどうすればいいんだ?連れてって置き去りにするのか、それとも一緒にいないといけないのか?
「しかもクラスの友達のお姉ちゃんの誕生日会だよ。そんなもん行くか!」と父ちゃん。
絵はかなり上手なので確かに同年ではないっすね。

学校が始まったばかりの頃の写真をいただきました。今朝はgarderieに連れてったら男の子と「クク〜ルナ」とお互いに手を振りあってて、昨日は直接幼稚園に連れてったら女の子が「あルナだ」とやってきて頭なでなでしておりました。お友達が出来る過程を見るのはとても微笑ましいですね。
お友達と言えば、初めてお誕生日会の招待状をもらいました。
ココの誕生日とピッタリ重なってて無理なのですが、チョット興味津々な母ちゃん。
この位の年の子が招待されたら具体的にどうすればいいんだ?連れてって置き去りにするのか、それとも一緒にいないといけないのか?
「しかもクラスの友達のお姉ちゃんの誕生日会だよ。そんなもん行くか!」と父ちゃん。
絵はかなり上手なので確かに同年ではないっすね。

0 notes

母ちゃんの車のバッテリーがとうとうお陀仏になりました。「バッテリーはなぁ電球と一緒で寒いとつかなかったり、日が出るとついたり。また2,3日したらつかなかったり。5年使用したので寿命だよ」と早朝修理に来てくれたオッちゃんは語った。
5年前に買ったばかりなのに!そんなもんかいとあの頃新車だったボッコボコのミクラちゃんをジトーッと見るのであった。
そんな母ちゃんの心中を察するサの字もないココは託児所に行かず家待機で大喜びでした。エリザの写真を引っ張りだして、「見て小さい!」そしてムッツリした自分の写真を見て「どうしてこんな顔してるの⁈」写真を撮ろうとするといつもむすっとするでしょう、ほら撮ってあげるから笑ってごらん。
うむ、ちょっと笑すぎだがワザとらしい所が最近のココらしい感じ。