Louna coco Journal

非常に個人的な成長日記

0 notes

母ちゃんの車のバッテリーがとうとうお陀仏になりました。「バッテリーはなぁ電球と一緒で寒いとつかなかったり、日が出るとついたり。また2,3日したらつかなかったり。5年使用したので寿命だよ」と早朝修理に来てくれたオッちゃんは語った。
5年前に買ったばかりなのに!そんなもんかいとあの頃新車だったボッコボコのミクラちゃんをジトーッと見るのであった。
そんな母ちゃんの心中を察するサの字もないココは託児所に行かず家待機で大喜びでした。エリザの写真を引っ張りだして、「見て小さい!」そしてムッツリした自分の写真を見て「どうしてこんな顔してるの⁈」写真を撮ろうとするといつもむすっとするでしょう、ほら撮ってあげるから笑ってごらん。
うむ、ちょっと笑すぎだがワザとらしい所が最近のココらしい感じ。

0 notes

もうすぐ3歳。ヴァンセンヌ動物園は改装工事で6年間閉鎖されていて今年4月に再開園されたばかりのピッカピカな場所。今週末早速行ってきました。

動物に優しい感じで設計された広々と自然で落ち着いた雰囲気の園内なんだが、落ち着き過ぎて動物がさっぱり見当たらない。さらに地図は洗練されたデザインでとても素敵なんだが、どこに何がいるんだかよく分からない。

植物は特別にセレクトされて植えられたものばかりで植物園と言ってもいいくらい。庭設計した人は相当楽しかったに違いない。

てなわけで見た動物は数少なしだったけど、とてもキレイな動物園だったね!

Filed under zoo vincennes ヴァンセンヌ動物園 動物園 ペンギン シマウマ

0 notes

こっちの幼稚園では、シラミがうつるらしい!(上のイラストはシラミとは関係ないです。注:母ちゃんの最近の仕事)

託児所では大分慣れて、保母さんに頼らなくなり「みんなと遊ぶようになりました」父ちゃんが迎えに行くと中庭で飛び跳ねているよう。よかったよかった。

とても説明が上手になり、今日は何をしたか等お話してもらうのが専ら最近の楽しみ。ちょっとまだ形になってない所が大好き。
「ジュードは私をたたいて、そしてウデをこうやってそんで泣いた。」なんて言う。質問すると「違うよ。ママと帰りたくなかったから」とか「マリルゥはいないよ。なんでかって言うと病気だから」なんてちゃんと返ってくる!
ずんバラしい!成長しているのぅ。

夜寝る前に絵本を読んで横で寝かしつけた時。「ママ、あのね」と静かに目をつむったまま呼ぶ。「ウデをお腹の上に置くのやめてくれる?なんでかっていうと重いから。」だと。
まだ小さな赤ちゃんだった頃も、ジト〜とこっちを見ながらこんな事考えてたのかも⁈ と思うとなんだか面白い。

0 notes

上はセルフィーシリーズ
明日からとうとう幼稚園。
母ちゃんは出勤初日からいきなり残業で入園式に間に合わせる為に今晩もヨナベをしてセッセと絵を描くんだべよ。
初日ってどんなのと帰り際の打ち合わせで話題になり、どうやらみんな泣くらしい、それにつられて親も貰い泣きして散々らしいよ。と。そうそう、ひどいもんだ。と特有フレンチブラックユーモアが飛び交う。

前回は一緒になって寝ずに落書きし続け気がもんだが、今回は熱気味だし是非とも眠っていて欲しい。